[PR]

 田辺市は21日、新年度の当初予算案を発表した。一般会計は約440億9千万円で、前年度より1・5%増えた。昨年、市が支出している事業で不適切な会計処理が明らかとなった和歌山南漁協や市水産振興会が絡む事業では、関連予算の計上を見送った。27日開会の市議会に提案する。

 歳入では、市税などの自主財源は全体の30%で、地方交付税や国庫支出金などの依存財源が70%を占める。自主財源の柱の市税は約81億300万円。法人市民税の増加などで前年度より0・9%増えた。

 財源不足を補うため、貯金にあたる財政調整基金と減債基金は2年連続で取り崩す。金額は2基金を合わせて8億円(前年度7億円)。

 歳出では、人件費や扶助費が増…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら