[PR]

 毎週土曜日になると、子どもたちのにぎやかな声があふれ出す民家が山口県下関市にある。「百合(ゆり)文庫」と名付けられた私設文庫。列車事故で失った娘をしのんで母親が開設し、今月、20周年を迎えた。本を読む楽しさを子どもと分かち合う絆が根付いている。

 9日の昼下がり。子どもたちに本を読み聞かせる「おはなし会」は956回目を数えた。親子連れら30人近くが集まり、玄関に靴が収まらないほどにぎわった。「大きくなったねえ。何歳になったんかね?」。遊びに夢中の幼児らに、岡藤秀子さん(62)は保育園の園長らしく、優しく語りかけた。

 仕切りを外して二間続きにし、廊下や縁側、げた箱の上まで、子ども向けの本がびっしりと6900冊並ぶ。1人5冊まで2週間借りることができ、子ども3人を連れてきた近所の主婦(35)は「近くに図書館はないし、年齢に合った本を紹介してもらい、助かっています」。

 床の間に置かれた女の子の遺影が、和やかな場を見守る。岡藤さんの次女で4人きょうだいの末っ子だった百合子さん。1998年11月、帰宅途中に自宅近くの踏切で列車にはねられ、亡くなった。

 小学2年生だった。家事をする…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら