[PR]

 大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が2011年10月に自殺したのはいじめが原因だとして、男子生徒の両親が元同級生3人らに計3800万円余りの損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、大津地裁であった。西岡繁靖裁判長は、元同級生2人のいじめ行為が男子生徒の自殺の原因と認め、この2人に計3700万円余りの支払いを命じた。

 判決は、男子生徒が11年9月以降、顔を殴られたり蹴られたりする▽制汗スプレーを使い切るまでふきつけられる▽口に粘着テープを貼られ、手足を鉢巻きで縛られる▽蜂の死骸を食べさせられそうになる――などの行為を元同級生2人から受けたと認定した。

 その上で、男子生徒と元同級生2人の関係を検討。2年生の1学期は友人関係だったが、2学期に「いじる側」と「いじられる側」という役割が固定化し、元同級生らが男子生徒を格下とみなすようになったと指摘。「男子生徒への暴行などの行為が次第にエスカレートした」と述べた。

 そして、元同級生2人のいじめ行為は、男子生徒に死にたいとの願い(希死念慮)を抱かせるほどの孤立感や無価値感を形成させたなどと判断。「そのような心理状態になった者が自殺に及ぶことは一般に予見可能だった」とし、元同級生の行為と自殺には因果関係があると述べた。

 一方、元同級生の保護者に対しては、監督義務違反があったとまでは認められないと判断。別のクラスだった残る元同級生1人についても、他の2人と一体となって関与していたとは言えないとし、法的な責任はないとした。

 男子生徒の両親は12年、大津市や元同級生3人らを提訴。市の第三者調査委員会は13年、今回賠償を命じられた元同級生2人のいじめが「自殺の直接的要因」とする報告書をまとめ、市は15年に両親と和解した。(石川友恵)

■大津市の第三者調査委員を務め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら