[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、心愛さんが昨年12月下旬に親族宅から自宅に戻る際、両親の前で「帰りたくない」などと泣いて訴えていた、という趣旨の供述を母親のなぎさ容疑者(32)=傷害容疑で逮捕=がしていることが23日、捜査関係者への取材でわかった。県警は父親の勇一郎容疑者(41)がこうした言動に立腹し、再逮捕容疑となる暴行に及んだ可能性があるとみている。

 県警はなぎさ容疑者についても、心愛さんに昨年末から今年初めにかけて暴行を加え、顔面打撲や胸の骨が折れるけがを負わせたとして、傷害の共犯容疑で勾留期限の25日にも再逮捕する方針だ。勇一郎容疑者によるこれらの暴行を止めなかったり、心愛さんを軟禁状態に置いたり、食事を与えなかったりした点を重くみたという。

 捜査関係者によると、心愛さんはなぎさ容疑者の体調不良が理由で、夏休み明けの昨年9月から、野田市内の勇一郎容疑者の親族宅で暮らし始めた。冬休みを機に12月下旬に帰宅することになった際、両親や親族の前で「うちには帰りたくない」と泣き出したという。

 なぎさ容疑者は県警の調べに対して、こうした経緯を説明し、「夫が怒っていた」などと供述。「夫が年末から長時間立たせたり、たたいたりした。私も傷を隠すために家から出ないように強く命じた。数日間、食事を与えないことがあった」などと話したという。

 心愛さんの遺体は今年1月24日深夜、自宅の浴室で見つかった。県警は翌25日、冷水のシャワーをかけ、首付近を両手でわしづかみにして擦り傷を負わせたなどとして勇一郎容疑者を傷害容疑で逮捕し、2月4日に共犯容疑でなぎさ容疑者を逮捕。さらに今月14日に勇一郎容疑者を再逮捕し、なぎさ容疑者の関与を調べていた。

【動画】相次ぐ「児童虐待」問題で注目が集まる児童相談所。そもそも何をするところなのか解説