[PR]

 カフェラテや印刷、車検など、幅広い商品やサービスの料金に、赤い羽根共同募金への寄付が含まれる「募金百貨店プロジェクト」。客や店側がさりげない形で募金活動を支援できるとして、全国的に広がりを見せている。秋田県内ではこの5年間で、寄付額が2倍に増えた。

 「一杯のカフェラテで、地域貢献してみませんか?」。横手市駅前町の市交流センターY2(わいわい)プラザにある「ふれあい喫茶くつろぎ」は、店内のチラシで募金百貨店への協力を呼びかけている。

 人気メニューのカフェラテが対象で、1杯360円のうち10円が寄付に回る。寄付は年間約4500円になり、地元の福祉活動に役立てられている。「おいしく飲んで募金もできるなら」と、喜んで注文する客も少なくない。

 店を運営する就労支援センター…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら