[PR]

 「ママ、おっぱい触ってる?」 そんな会話が家庭内で自然に生まれるよう、乳がんのセルフチェック方法をデザインした風船が開発された。難しく思われがちな医療情報をわかりやすく伝えることを目指す、横浜市の取り組みの一環だ。

 「キャンサーバルーン」と名付けられた風船は、表面に4本のラインが描かれた手乗りサイズのもの。乳がんのセルフチェックは、指のどれか1本だけに他と違う硬さが感じられないか調べるために、手指をそろえて乳房をなぞるのがコツ。4本並んだラインは、その動きを再現したものだ。

 乳がんは自分で発見できるがんといわれ、セルフチェックの重要性も叫ばれているが、方法を知らずに早期発見の機会を逃してしまうケースもある。横浜市が40歳の全女性に配る乳がん検診の無料クーポンも、利用率は2割ほどにとどまっている。

 「私は関係ない」と思っている人にもセルフチェックの方法を視覚で伝えようと考えたのが、キャンサーバルーンだ。しこりに見立てたアメやチョコレートを中に入れ、パートナーや子どもからプレゼントすることで、女性だけでなく家族もセルフチェックの大切さを理解し、気軽に「チェックした?」と話題にできるようにとの願いも込める。

 デザインの力も借りて医療の情…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら