「人格を否定」聖光学院柔道部3人、いじめで賠償へ

有料記事

飯沼優仁
[PR]

 聖光学院福島県伊達市)の柔道部内で同級生から暴行や嫌がらせを受けたとして、県内の男性(20)が同級生3人に約880万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、福島地裁であった。遠藤東路裁判長は「人格を否定したり、執拗(しつよう)にからかうなど悪質」といじめを認定し、約167万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は聖光学院に在籍していた2014年7月ごろから15年12月ごろまでの間、柔道部の男子部員で同級生の3人から、試合後に「雑魚」「運だけ」などと言われたほか、平手打ちを受けたり、上半身裸の動画を撮られてインターネットで公開されたりした。

 男性は病院から「うつ状態…

この記事は有料記事です。残り264文字有料会員になると続きをお読みいただけます。