[PR]

 プロ野球パ・リーグを昨季制した埼玉西武ライオンズの居郷肇球団社長らが19日、群馬県庁を訪れ、大沢正明知事と面会した。前橋市敷島町の上毛新聞敷島球場で千葉ロッテマリーンズと対戦する5月8日、来場者に配布するユニホーム型タオルを披露した。

 タオルは、2013年夏の甲子園大会で前橋育英高を全国制覇に導いた高橋光成投手(沼田市出身)の背番号「13」など6選手の背番号入り。球団の主力投手として活躍した前橋工高OBの渡辺久信ゼネラルマネジャー(桐生市出身)の現役時代の背番号「41」のタオル41枚も含めた7種類を配る。種類は選べないという。

 居郷球団社長は報道陣の取材に「年々、群馬のファンが増えてきていると感じる。試合を見ていただき、ライオンズを身近に感じてほしい」と話した。

 試合は午後6時開始予定。一般チケットの発売は3月2日から。問い合わせは同球団(0570・01・1950)へ。(丹野宗丈)