[PR]

 10連休となる今年の大型連休(GW)が2カ月後に迫りました。連休商戦が盛り上がる一方、仕事が休めない保護者にとっては、子どもが通う保育園が利用できるのかが、切実な問題です。対応に乗り出す自治体も出てきましたが、保育現場では、慢性的な人手不足がネックになっています。

 東京都小平市の薬剤師福田佑見子さん(32)の0歳と4歳の子どもが通う保育園は、最初の土曜日を除き、9連休になる見込みだ。しかし、勤め先の調剤薬局は日曜も祝日も営業する。同じく薬剤師である夫が勤める病院は、ふだん日祝は休みだが、今回は連休中も何日か開院することが決まった。「夫と勤務日がかぶったら、どうすれば……」。同僚の半数も子育て中で、自分だけ休むことは難しい。シフト表が出るのを、2人ではらはらしながら待つ。

 そもそも保育園は、認可保育園を中心に大半が日祝は休みで、福田さんの園と同様、9連休になる場合が多いとみられる。暦通り休園するかは自治体や各園が判断する。

 「アスク」ブランドで保育園を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら