拡大する写真・図版ロンドンの英議会前で2016年6月、EU離脱の是非を問う国民投票で離脱が決まり、喜ぶ議員ら=ロイター

[PR]

 イギリスが欧州連合(EU)から抜ける「ブレグジット」は、当初の予定日だった3月29日を過ぎました。ところが、イギリス議会は離脱のやり方を決められず、経済や市民生活に大混乱を引き起こす「合意なき離脱」が懸念されています。いったい何が起きているのか、理解に役立つオススメ記事を紹介します。

最新の状況は?

拡大する写真・図版ロンドンのトラファルガー広場で2016年6月、EUからの離脱をめぐる国民投票のやり直しを訴える若者たち=高久潤撮影

 EUとメイ政権の間では、離脱のやり方で既に合意ができています。ところが、この協定案をイギリス議会が承認しません。

 メイ首相は内容を少しずつ変え、これまでに3回、採決をはかりました。しかし、議会はいずれも拒否。EUは離脱の期限を10月末に延期しました。

そもそもどんな話?

拡大する写真・図版ロンドンのトラファルガー広場で2017年9月にあった、EU残留を求める集会=津阪直樹撮影

 EUがイギリス経済の足を引っ張っている、東欧などからの移民労働者に職を奪われている――そんな不安が広がり、2016年6月に国民投票をした結果、EUからの離脱が決まりました。

 ところが、それから2年半が過ぎたのに、どんな条件で離脱するのかも決まらないありさまです。

なぜ長引いている?

拡大する写真・図版オックスフォード大学のジェフリー・エバンズ教授=英・オックスフォード、末盛亮氏撮影

 なぜイギリスは迷走を続けるのでしょうか。「金銭の問題ではなく、価値観をめぐる対立だからです」と指摘するのは、陶器工場の労働者から政治学者に転じたジェフリー・エバンス教授。ブレグジットは「取り残された人々による民主的な階級闘争」だと言います。

何が争点になっている?

拡大する写真・図版カトリック系居住区とプロテスタント系居住区を隔てる壁に描かれた壁画。今は観光名所にもなっている=北アイルランド・ベルファスト、津阪直樹撮影

 離脱交渉で最大の論争になっているのが、イギリスの隣国アイルランドと、同じ島にある英領北アイルランドの国境をどうするか。かつて約30年にわたって続き、3千人以上が殺害されたという紛争がありました。いま、住民たちは混乱を恐れ、こもりがちになっているといいます。

日本にどう影響する?

拡大する写真・図版英サンダーランドにある日産の工場=2019年2月7日、下司佳代子撮影

 ホンダがイギリスにある工場を閉鎖することが明らかになりました。他にも、日産が次期モデルの生産撤回を表明。パナソニックはイギリスにあった欧州統括会社をオランダに移転しました。離脱をめぐる混乱は、イギリスに拠点を置く日系企業の戦略見直しにつながっています。

 また、もしEUとの合意なしに離脱を強行することになれば、世界中の経済が大混乱に陥る可能性が極めて高く、日本への波及は避けられません。

(今さら聞けない世界)