スーパー杯決勝点にみる憲剛の思考力(中西哲生コラム)

有料会員記事

[PR]

 最近、川崎フロンターレ中村憲剛とじっくり話をする機会がありました。彼との話の中で特に印象に残ったのは、「サッカーでは、自分たちのやりたいこと“だけ”をやっても、相手は崩れない」という言葉でした。「大前提はまず相手を見ること。そのうえで自分たちがどうすべきか」と続けていました。

 それをまさに体現していたのが、川崎が浦和レッズを1―0で下した16日のスーパーカップでした。川崎の決勝点は、元ブラジル代表で2012年ロンドン五輪得点王のレアンドロダミアン。そこに注目が集まるのはもちろんのことですが、実はこのゴールも中村の緻密(ちみつ)な動きから生まれたものだったのです。

 この日の浦和は5―3―2のフォーメーションで、最終ラインにセンターバック3人と左右のウィングバックの5人が並び、その前には3人のMF。ゴール前になかなかスペースを空けてくれません。

 そんな中、後半7分に先制点…

この記事は有料会員記事です。残り1045文字有料会員になると続きをお読みいただけます。