[PR]

サヨナラしたい8つの呪縛:1

 「女のくせに」「男らしくない」。私たちの身の回りには、ジェンダー(社会的な性)をめぐる固定的な考え方があふれ、ひとりひとりが進みたい道を選びとれなかったり、生きづらさを感じたりすることにつながっています。もう終わりにしたい、ジェンダーにまつわる「呪縛」を、8回にわたってとりあげます。

 女性で人権や性の問題を発信する人は、攻撃の対象になっている――。

 居場所を失った女子中高生を支援する団体「Colabo」の代表をつとめる仁藤夢乃さん(29)は、そう感じている。活動開始と同時に嫌がらせが始まった。昨年4月には、SNSで元同級生と名乗る匿名アカウントが、子ども時代に仁藤さんにいじめられた、との投稿を「#MeToo」のハッシュタグをつけて繰り返し、拡散。講演会の主催者にも抗議電話が入るなど実生活にも影響が出た。

 仁藤さんは言う。「投稿はとん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら