[PR]

 飲食チェーンを展開する木曽路(名古屋市)は19日、大型連休後に全169店舗を一斉休業すると発表した。中核のしゃぶしゃぶ店「木曽路」は年中無休で営業しており、従業員の負担軽減のために休業日を設ける。

 休業は5月7日、8日の2日間の予定。すでに入った予約が変更できない場合をのぞき、集客が落ち着く大型連休後に店舗を閉める。働く環境を改善し、従業員の採用や定着につなげるねらいがある。

 木曽路はこれまでも、一部の店舗で営業時間を30分短縮するなどの働き方改革を進めてきた。