[PR]

 トヨタ自動車のクルマの生産や開発の現場を担う若者を育てる「訓練校」が、トヨタが本社を置く愛知県豊田市にある。その学校で訓練を受けた240人が、今年も巣立った。

豊田社長から修了証書

 トヨタ自動車本社の事務本館大ホール。

 壇上に並んだトヨタ幹部が見つめる先には、左胸に「TOYOTA」のロゴが入った作業着に身を包んだ「トヨタ工業学園」の生徒240人がいた。

 背筋をピンと伸ばし、緊張した面持ちで座っている。豊田章男社長が壇上で代表者に修了証書を手渡した。2月19日にあった卒業式の様子だ。

 トヨタ工業学園は、トヨタの企業内訓練校。今年の卒業生は「高等部」115人と「専門部」125人。高等部は3年間学ぶことで高校の卒業資格が得られ、専門部では高校を卒業した人たちが1年間学ぶ。

一糸乱れぬ起立

 式典での卒業生紹介では、担任がクラスごとに生徒の名前を間髪入れずに読み上げ、生徒は腹の底から出した大声で「はい」と返事をして起立した。乱れは一切ない。

 豊田社長は、卒業生に「入社以…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら