写真・図版

[PR]

 老化にともなう体の機能低下につながるたんぱく質のひとつと、そのはたらきの一端がわかった――。そんな研究成果を大阪大などのチームがまとめた。このたんぱく質の増加は、「老化のサイン」ととらえられるという。英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに19日、発表した。

 たんぱく質は「ルビコン」。チームの吉森保・阪大教授(細胞生物学)らが2009年に発見した。ルビコンは「オートファジー(自食作用)」という細胞内の新陳代謝のはたらきを抑える。オートファジーは加齢とともに低下する。一方、その関連性や詳しい仕組みは不明だった。

 チームは今回、線虫、ショウジョウバエ、マウスを使って研究。細胞内でルビコンが加齢とともに増えていることを確認した。逆に、ルビコンができないようにしたところ、オートファジーのはたらきは活性化。線虫などの寿命が延びたり、マウスの腎臓の機能が低下しにくくなったりすることがわかった。

 加齢によるルビコンの増加が、オートファジーのはたらきを低下させ、老化の要因の一つとなっている可能性があるという。吉森さんは「ルビコンを測定したり、阻害したりする方法ができれば、老化現象を抑えられ、健康寿命が延びることが期待される」と話す。

 オートファジーは、大隅良典・東京工業大栄誉教授が仕組みを明らかにし、16年にノーベル医学生理学賞を受賞した。(田中誠士)