[PR]

 富山県警は20日、今春の統一地方選の事前運動取締本部を設置した。捜査2課や県内全15署で、1355人態勢で選挙違反の取り締まりにあたる。

 統一地方選で県内では、3月29日告示、4月7日投開票の県議選と、4月16日告示、同21日投開票の舟橋村議選が行われる。同課によると、19日までの公職選挙法に基づく警告件数は0件。同課の担当者は「公正な選挙の実現を求める県民の期待に応えられるよう、適正に取り締まりをしていく」と話している。

 2015年の統一地方選では、ポスターや看板などに関する文書掲示違反など29件の警告があった。(田島知樹)