[PR]

 県警は20日、「第19回統一地方選挙事前運動取締本部」を県警本部と11署に設置した。前回の統一地方選(2015年)より117人多い1052人態勢で取り締まりにあたる。

 県警捜査2課によると、ポスター、看板の文書掲示違反や事前運動に対する警告は19日までに6件6人あり、前回の取締本部設置時の2件2人を上回っているという。中林浩二・捜査2課次長は「激戦が予想される選挙もある。公正を著しく害する買収などの悪質な事犯は徹底的に取り締まる方針」と話した。(松尾俊二)