[PR]

 茨城県警は新年度の警察官採用試験から身長と体重の身体基準を廃止する。受験者数が減少傾向にあることや業務の多様化に伴い、幅広い人材の確保が目的だ。

 これまでの採用試験では男性は身長160センチ、体重47キロで、女性は身長150センチ、体重43キロを満たす必要があった。犯人と対峙(たいじ)した際に対処するために必要な身体基準だと考えられてきた。

 一方、県警の受験者数は少子化などを背景に減少傾向にある。2018年度の応募者は1308人で、13年度比で約820人減った。警務課の採用担当者は「せっかく警察官の業務に興味を持ってもらっても身体基準であきらめる人も少なくなかった」と話す。

 また、最近はインターネット犯…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら