[PR]

 3月21日の告示まで1カ月を切った知事選の立候補予定者説明会が21日、県庁であった。すでに立候補を表明している無所属現職の荒井正吾氏(74)、いずれも無所属新顔で医師の川島実氏(44)と弁護士・前参院議員の前川清成氏(56)の3陣営が出席した。

 4選を目指す荒井氏はこの日、奈良市四条大路1丁目で事務所開きをした。昨年12月上旬の立候補表明後、自民、公明、国民民主各党が県組織レベルで推薦を決めた。連合奈良やJA、県医師会など約200団体の推薦も集める。

 政策集で、県政の継続的な発展を訴える。リニア中央新幹線の奈良市付近駅の確定▽京奈和自動車道の整備▽なら歴史芸術文化村(天理市)の整備――などを積極的に進めるほか、地域医療の充実、観光や農林業の振興、経済活性化など34項目の施策を挙げる。

 川島氏は「住民との対話がない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら