[PR]

 マラソンの金栗四三(かなくりしそう)(1891~1983年)とともに1912年ストックホルム五輪に出場し、日本初の五輪選手となった三島弥彦(やひこ)(1886~1954年)。NHK大河ドラマ「いだてん」では生田斗真が演じている三島の当時の日記や写真などが、孫・通利(みちとし)さん(67)の東京都内の自宅で大量に見つかった。若き日の金栗と一緒に写った写真もある。

 大河ドラマで女学生に大人気のスポーツマンとして描かれている三島は、薩摩藩士で警視総監を務めた子爵三島通庸(みちつね)の五男。学習院中等、高等学科の頃から野球部の投手として鳴らしたほか、陸上短距離、ボート、水泳、柔道、相撲、スキー、スケートなど多競技で活躍した。東京帝大に進んでから本格的に始めた陸上短距離で頭角を現し、11年に羽田競技場で行われた五輪予選会に金栗らとともに出るとし、100、400、800メートルで1位に輝き、翌年の五輪に金栗と2人で出場した。

五輪帰国後の試験を心配

 今回、通利さんの自宅からは、羽田で開催された予選会の時の記録証やストックホルムへの経由地ウラジオストクへ向かう船上で金栗らとともに写した写真、ストックホルム五輪の開会式の写真のほか、五輪時に家族にあてた手紙も見つかった。

 三島はストックホルム五輪では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら