[PR]

 盗撮や痴漢をやめられない――。福岡県議会では21日、性犯罪の再犯防止をめざす条例案が可決したが、自制できない行動に悩む人も多く、支援は簡単ではない。専門家は、性犯罪の繰り返しを「性依存症」という病気として捉え、治療環境を整えるように訴える。

 福岡市の男性(38)は数年前、コンビニで商品を見ていた女性のスカートにスマートフォンを差し入れ、盗撮した。酒に酔っていた。巡回中の県警の警察官に見つかり、県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕。2度目の逮捕だった。「盗撮をやめられない。生きていても人を傷つける道しかない」。留置場で絶望した。

 14歳の時、デパートで女性のスカートに手鏡をしのばせ、警備員に注意された。福岡の大学を卒業後、東京で働き始めると、駅のエスカレーターや店で、カメラ機能付き携帯電話で盗撮を繰り返した。31歳の時、東京で自宅に入ろうとした女性の体を触り、初めて逮捕された。長期休み中で、勤務先には気づかれなかった。

 その後も、平日は勤務後に終電…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら