[PR]

 家畜伝染病「豚(とん)コレラ」をめぐり、農林水産省は22日、感染拡大の防止策として野生イノシシにえさ型ワクチンを使うと発表した。野生イノシシへのワクチンの使用は国内で初めて。

 この日の豚コレラ防疫対策本部で使用が決まった。吉川貴盛農水相はこの日の記者会見で、19日に発生が確認された岐阜県瑞浪市のケースに言及。野生イノシシからの感染が疑われるとし、「拡散防止のため、(ワクチンを)使用する時期にきた」と述べた。

 豚コレラは昨秋に岐阜市の養豚場で発生が確認されて以降、今月には5府県に広まっている。えさ型ワクチンはまず、野生イノシシへの感染が多く確認されている岐阜、愛知両県の一部地域で3月から散布される。5月までに2回に分け、計8万個を使う。21日までに、豚コレラに感染した野生イノシシが岐阜県で170頭、愛知県で10頭確認されている。

 野生イノシシに1頭ずつワクチ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら