[PR]

 携帯電話世界最大手の韓国のサムスン電子は20日、米サンフランシスコで開いたスマートフォンの発表会で、画面を折りたためる新製品「ギャラクシー・フォールド」を発表した。4月26日から米国など世界各国で発売するが、日本での発売は未定だという。

 「折りたたみスマホ」は、中国企業が昨年末に発売する形で先行しており、今後、競争が激化することになりそうだ。

 「ギャラクシー・フォールド」は折りたたんだ状態だと4・6インチの画面のスマホだが、それを広げると裏側についている画面が7・3インチのタブレット端末になる。いずれも鮮やかな色彩が特徴の有機ELを画面に使用。タブレット画面では、三つのアプリを同時に開いて操作することもできる。同社幹部は「全く新しいカテゴリーのスマートフォンだ」と強調した。高速通信網のLTE対応型のほか、新規格の5Gにも対応する機種を出すという。

 ただ、販売価格は1980ドル(約21万9千円)だといい、かなりの高価格になった。

 タブレットを折りたたむとスマホになる端末は、中国系のベンチャー企業「ロヨル(柔宇科技)」(本社=中国・深圳)が昨年末に中国で発売している。(サンフランシスコ=尾形聡彦