【動画】小惑星探査機「はやぶさ2」が、最大の山場である着陸に挑もうとしている。どんな難関が待ち受けているのか、1分動画で解説
[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、探査機「はやぶさ2」が、地球から約3・4億キロ離れた小惑星「リュウグウ」への初着陸に向けて降下を始めたと発表した。プログラムの設定値に異常が見つかり、開始が5時間遅れたが、着陸は予定通り22日午前8時半ごろの見込みだという。

 JAXAによると、宇宙科学研究所(相模原市)にある管制室で21日朝、降下開始について検討した際、プログラムの設定値に異常があることが判明。修正に時間がかかったため、当初の予定から約5時間後の午後1時15分、高度20キロから降下を始めた。

 高度500メートルに達する22日午前6時、着陸するか最終判断し、以降はレーザーで測る高度や着陸の目印を撮影した画像を元に、はやぶさ2が自動で着陸する。

 ただ、機体が接触する恐れがあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら