[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、埋め立て予定海域にある軟弱地盤の改良のため、防衛省が砂の杭を7万6699本打ち込む工事を計画していることがわかった。県は「地盤改良自体に途方もない年数を要する」として、移設工事の中止を求めている。

 県が辺野古の埋め立て承認を撤回したのに対し、防衛省は国土交通相に行政不服審査請求をした。その手続きで県と防衛省は互いに書類を提出しており、県は今回の計画を把握。21日に公開した防衛省の文書に対する意見書の中で、計画に反論した。

 それによると、地盤改良が必要な面積は、軟弱地盤を中心に計65・4ヘクタール。まだ埋め立てが始まっていないキャンプ・シュワブ北東側(大浦湾側)の6割に当たる。ここに鋼管を打ち込んで内部に砂を流し込み杭状に固め、鋼管を引き上げる。こうした手法などで砂の杭を計約7・7万本打ち込んで、地盤を強化するという。使う砂の量は約651万立方メートル(東京ドームの約5・25個分)に上り、県内の砂利採取量の数年分に該当する。

 作業船で地盤改良工事を実施できる深さは、70メートル程度とされている。ただ、埋め立て予定海域の東端に造る護岸周辺は、水深が30メートルと最も深く、さらにその下の軟弱地盤の層が60メートルに及ぶ。

 地盤改良工事について、菅義偉官房長官は21日の会見で「一般的で施工実績が豊富な工法で、対応は可能」と述べた。地盤改良工事にあたっては、設計計画の変更手続きが必要。政府は年内にも、玉城デニー知事に計画変更を申請する方針だ。

 これに対し、玉城氏は申請を認…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら