[PR]

 2017年秋、ミズノ(大阪市)から同社初となる国産の卓球ラバー「Q3(キュースリー)」が発売された。自動車用ゴム製品大手の住友理工(名古屋市)との共同開発。専門メーカーがひしめく卓球用品市場に、業種を越えたコラボレーションで挑んでいる。

新ラバーで全国制覇

 「カーン、カーン」。横浜市神奈川区、物流サービスを手がけるサンリツの京浜事業所。卓球部の練習場で鋭い打球を連発する平侑里香選手(23)は、Q3を発売前の17年春から使いはじめた。

 それまでもミズノのラバーを試したことがあったが、思うような打球にならず、2面あるラケットの片面はほかの卓球専門メーカー製のラバーを使ってきた。だが「Q3はいままでのミズノのラバーとは違った。ボールがひっかけやすく、変なミスがなくなった」。試打をしてすぐに採用した。

 その後、18年9月にのぞんだ全日本社会人選手権で、平選手は女子シングルスを初制覇。「自分でもびっくりした。ラバーを変えてから相手選手が(自分の打った球を)取りにくそうにしていた」と話す。ミズノにとっても、自社のラバーを使った選手が全国タイトルを獲得したのは初めてだった。

■ラバーは卓球用品の「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら