[PR]

 ホンダは21日、小型ジェット機「ホンダジェット」の2018年の出荷数が小型ジェット機(重量5・7トン以下)部門で世界一だったと発表した。首位は2年連続。ただ、出荷数37機は前年の43機を下回った。

 全米航空機製造者協会が20日発表した集計で明らかになった。小型機部門の機種別で、ホンダジェットは米セスナの主力機「サイテーションM2」の34機を上回った。

 出荷機数が前年割れだった理由について、ホンダは「18年半ばに航続距離や静粛性を高めた上位機種の生産を始めたことや、企業向け販売の納期変更が影響した。受注は引き続き順調だ」としている。

 初期投資費を減価償却しているため、事業は赤字基調が続いており、18年4~12月期の営業損益は291億円の赤字。前年同期より赤字幅は10億円縮小しているものの、早期の黒字化が課題だ。

 ホンダジェットは最大7人乗りで、上位機種の価格は525万ドル(約5億8千万円)。主翼上部にエンジンを配置し、空気抵抗が少ないことによる燃費の良さや、静かな室内空間が特徴だ。昨年6月には国内でも受注を始め、同12月に日本の顧客に初めて納入された。国内からの受注はすでに10機を超えている。(高橋克典)