鹿児島)和紙にアートで新たな息吹を

有料会員記事

町田正聡
[PR]

 障子やふすま、ちょうちん、傘など、かつて日本の暮らしに根付いていた和紙。「日常生活の中で薄れゆく和紙に、現代アートで新たな息吹を与えたい」。和紙絵作家奥平伊代里さん(29)=鹿児島市伊敷6丁目=はそんな思いを込めて和紙に絵を描く。和紙文化の継承・発展を願い、和紙の原料となるコウゾの植栽から刈り取り、紙すきによる和紙作りまで手がける。

 「臥竜梅(がりゅうばい)」という奥平さんの作品は縦1・15メートル、横1・57メートルの大作だ。長年の風雪に耐えてきたような、ごつごつした風格ある木肌を、和紙の厚みを変えたり、コウゾのスジを一緒にすき込んだりして立体的に表現している。こうした作品を、ここ4年余りで約30点制作した。

 奥平さんと和紙との出会いは2014年秋、市内で催されたアートイベントで、和紙アーティストの種子田幸廣さん(68)と知り合った時だ。奥平さんは中学、高校と美術部で、絵を描くことが好きだった。市内の会社に就職後も休日に絵筆をとったり、作品をコンテストに出したりした。アートイベントで、和紙を活用した種子田さんのランプシェードを初めて見て、心が動いた。「和紙からもれ出る光の、なんと優しいこと」。すぐに弟子入りした。

 和紙絵作りの拠点は同市西陵…

この記事は有料会員記事です。残り659文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら