[PR]

 21日午後9時22分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とする地震があり、厚真(あつま)町で最大震度6弱を観測した。気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュードは5・8、震源の深さは33キロと推定される。この地震による津波の発生はなかった。同庁は昨年9月6日に起きた同町で震度7を観測した地震と一連の活動だとの見方を示した。

 21日の地震では他に震度5強を安平町とむかわ町、震度5弱を札幌市北区と手稲区、千歳市、長沼町、平取町など、震度4を札幌市東区と白石区、豊平区、西区、厚別区、清田区、岩見沢市、苫小牧市、江別市、三笠市、登別市、恵庭市などで観測した。

 菅義偉官房長官は21日夜の臨時記者会見で「人的被害の情報は入っていない」と発表。北海道電力の苫東厚真火力発電所(厚真町)は通常通り稼働し、泊原発(泊村)と建設中のJパワー(電源開発)の大間原発(青森県大間町)も異常はないという。昨年9月の地震では苫東厚真が緊急停止し、道内ほぼ全域の295万戸が停電したが、今回は大規模停電は起きていない。

 22日午前0時11分現在、JR北海道千歳線で4本の電車が点検のため、計280人を乗せて駅間で立ち往生し、復旧を急いでいる。

 気象庁は緊急会見で、一連の地震活動は当分の間続くとし、「揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがある」と注意を呼び掛けた。

 東京大学地震研究所の古村孝志教授は「昨年9月に起きた北海道胆振東部地震(M6・7)の余震だろう」とみる。規模はM5・8と小さいが、内陸の地震はプレート境界の地震に比べて震源が浅いため、局所的に強い揺れに見舞われることが多いという。余震はいったん減っても、再び大きめの余震が発生することを繰り返すのが内陸の地震の特徴だといい、「今後の活動には引き続き注意が必要」と話している。