[PR]

 北海道で最大震度6弱の地震が起きたことを受けて、菅義偉官房長官は21日午後10時ごろ、臨時の記者会見を開き、「現時点において、大きな被害の情報は入っていない」と発表した。北海道電力の泊原発(北海道泊村)と苫東厚真火力発電所(厚真町)、Jパワー(電源開発)の大間原発(青森県大間町)のいずれも「異常なし」との報告を受けているという。

 政府は地震発生直後の午後9時24分、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、被害状況の把握にあたっている。

 菅氏によると、安倍晋三首相から早急な被害状況の把握や、自治体と連携し救命・救助など災害応急対策に取り組むこと、避難に関する情報提供を的確に行うことの3点の指示が出されたという。