[PR]

 「いらっしゃい」。窓が開いて、笑顔で声をかけられた。駅南口の階段を下りてすぐの売店「京園」。地元で親しまれるおにぎり屋さんだ。通勤通学の朝、お昼時。次々、お客さんが訪れる。サケに梅の定番に加え、から揚げ、納豆、コロッケなど、合わせて約30種類が並ぶ。一つひとつ、丁寧に包んでくれた。

 開店したのは約40年前。脱サラし、新しい仕事を始めようとしていた平沢実さん(85)が、空き店舗だった今の場所を見つけた。早朝から鳥がさえずり、クワガタなどの昆虫、ヒキガエルも「出没」する、豊かな自然に引かれた。駅周辺に次々団地ができ、活気があった時期で、「ここでおにぎりを売れば、たくさんの人が来てくれるかもしれない」と考えた。

 今も午前中は店に立つ。おにぎ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも