[PR]

(22日、J1開幕戦 セ大阪1―0神戸)

 後半32分。右CKを味方が競ったこぼれ球に、セ大阪のDF山下達也が、頭を合わせた。決勝のヘディングゴール。守備に奔走したそれまでの苦しさが報われた。

 全国のファンが注視する金曜開催の開幕戦で、関西勢同士の顔合わせ。神戸は、元スペイン代表のイニエスタら世界的なスターを擁する。昨季までセ大阪の主力だった山口蛍も「禁断」の移籍で加わった。勝負を盛り上げるいくつものスパイスが利いた開幕戦で、桜色に染まった客席の熱は最高潮に達した。

 ボールを失わずに前進する。セ大阪が挑む攻撃面での新戦術は披露できなかった。ただ、「みんなで我慢してポジション通りに守れた」と新主将の清武弘嗣。スペイン人のロティーナ新監督も「ボールを奪うのは簡単ではなかったが、局面での守備はよくできていた」と言う。

 選手同士が適度な距離を保ち、陣形に穴をあけずに終盤まで耐えられた。だから次第に、攻勢に転じる隙も見つけられるようになった。決勝点につながるCKも呼び込めた。重圧がかかる満員のホームで、白星発進できたのは大きい。前線、中盤をいとわず精力的に走り回った柿谷曜一朗は言う。

 「たった1試合が終わっただけだけど、課題や伸ばしていくところが見えた。みんながチャレンジして出すことを出せたから」

 戦前の劣勢の予想を見事に覆したセ大阪。シーズンを通じて、より大きな花を咲かせる予感がした。(富山正浩)