[PR]

 高岡市古城の射水神社が富山米の新品種「富富富(ふふふ)」を入れたお守り「一守(いちまもり)」を作った。市内の生産者から奉納された富富富の種モミ1粒が入り、1粒からでも大きな収穫をもたらすコメにあやかって「一粒万倍」のご利益が期待できるという。3月1日午前11時から初穂料1千円で限定300体を頒布する。

 お守りは、稲穂を表す黄金色の生地に縁起の良い瑞雲(ずいうん)の文様をあしらい、一粒万倍を表す「一」の文字が入る。富富富の種モミは、昨年11月の新嘗祭(にいなめさい)で奉納され、今月17日の祈年祭まで神前に供えられていた。同神社の神職は「実り豊かな日々を送れるよう身につけてほしい」と話している。問い合わせは同神社(0766・22・3104)。(松原央)