[PR]

ヴィッセル神戸

 サッカーJ1のヴィッセル神戸とプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスの合同懇親会が10日、沖縄県内のホテルで開かれた。親会社が同じ両チームだが、選手がキャンプ先で同じテーブルを囲み、新シーズンへ向けて気勢を上げるのはこれが初めて。会では双方の中心選手によるトークショーもあった。プロとしてのあり方や心構えについて考えを披露し、出席者は大いに刺激になったようだった。

 まず司会者が試合前の、ルーティン(いつも行う動作)について話を振った。心を落ち着かせる効用があると最近、盛んに持ち出される言葉だ。しかし楽天の大黒柱、則本昂大(たかひろ)投手(28)は全くやっていないという。「若い頃は、いろいろやっていた」と明かすが、験担ぎで勝てば一つ、また一つと無限に増えていく。「一つ忘れるとネガティブな気持ちになる。だからここ数年はありません。なるようになるかな、と」

 すると神戸のFWルーカス・ポ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも