[PR]

 徳島県教育委員会は、義務教育を受けられなかった人や外国人らを対象にした夜間中学校を、2021年度にも開校する。定時制課程のある県立徳島中央高校(徳島市北矢三町1丁目)に併設する。県内初の夜間中学校で、市町村の枠にとらわれずに入校できる。都道府県教委が設置するのは全国初という。

 学校教育課によると、対象は義務教育年齢を過ぎた人で、戦前戦後に学校に通えなかった▽不登校で中学校に通っていない▽外国人などの入校を想定している。徳島中央高校の校舎を使い、必要に応じて設備の拡充も検討する。

 21日の県議会本会議で、長尾哲見県議(公明)の質問に対し、美馬持仁県教育長は「(夜間中学は)さまざまな人たちの学び直しの場になっている。今後、人員配置や教育課程を検討したい」と答えた。

 夜間中学では、教科の授業のほ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら