[PR]

 東京都日野市の27歳の女性が3月から、農業を続けることを条件に税金が優遇されている「生産緑地」を借りて農業を営むことになった。生産緑地を有効活用するために昨年9月に始まった新制度を使ったもので、女性は「日野市、東京都の農業を活性化できるよう精いっぱい取り組みたい」と意気込んでいる。

 市が22日、都市農地貸借法に基づいて事業計画を認定したと発表した。この女性は川名桂(けい)さん。父の故郷の日野市で15歳から暮らす。東京大に入学し、最初は文系だったが、子どものころから関心があった農業への思いが膨らみ、3年生で農学部に進んだ。学生時代に途上国の農村地帯を回り、「こういう人間の本質的なことをやりたい」と決意した。

 卒業後、千葉県の農業関係の企業や東京都清瀬市の農場などで経験を積んだ。地方では消費者の存在を遠く感じたのに対し、都内では、作物を選んでくれた人たちと直接売買する農家の姿を見て、「こういう農家に」と思った。

 ただ、農地の確保が壁だった。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら