[PR]

 若手バレエダンサーの登竜門として知られるローザンヌ国際バレエコンクールが2月、スイスで開かれた。広島市安佐南区の中学3年酒井陽菜(はるな)さん(15)が初出場。惜しくも入賞はかなわなかったが、大舞台を経験し、ひと回り大きく成長した。

 熊川哲也さんらも入賞するなどしてきたこの大会には今年、40カ国から360人を超える応募があった。酒井さんをはじめ、ビデオ審査などを通過した74人がスイスに集まった。レッスンや舞台での審査を経て21人が決選に進出し、日本人3人を含む8人が入賞した。

 酒井さんは身長が170センチあり、すらりと伸びた手足が目をひく。ほぼ毎日ジムで体を鍛え、夜遅くまでレッスンに励む。帰宅するとマッサージしながら一流ダンサーの動画を見て、眠りにつくという。

 5歳から習い始めた。小学4年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら