[PR]

 「あずきバー」などを手がける食品メーカーの井村屋グループ(津市)は22日、4月1日付で中島伸子副会長(66)が新社長に就く人事を発表した。女性のトップ就任は1896年の創業以来初めて。多様性を重視する経営姿勢を打ち出し、持続的な成長を図るねらいという。

 中島氏は新潟県出身。福井営業所でのアルバイト勤務を経て、25歳で正社員登用試験を受けて入社した。3人の子どもを育てつつキャリアを重ね、53歳で女性初の執行役員と関東支店長に就任。その後も女性初の取締役や副社長、副会長を歴任してきた。

 お祝い時の赤飯のように小豆を使った食文化を残そうと、毎月1日を「あずきの日」にするキャンペーンを提案するなど、豊富なアイデアの持ち主としても知られる。同社は多様性を重視した経営改革を進めており、これまでの実績を踏まえて中島氏の社長就任が決まった。

 大西安樹社長(60)は代表権のない取締役に退く一方、新事業開拓のために3月に立ち上げる新会社「井村屋スタートアップ プランニング」の社長に就く。今後の成長に向け、健康や和をテーマにした事業を企画するという。(斉藤明美)