[PR]

 高速道路上での事故を防ごうと、ヘリコプターによる上空からの監視と地上の巡回を組み合わせた取り締まり「鷹の目作戦」を19日に実施したと、県警交通指導課が発表した。

 同課によると、17年6月に神奈川県の東名高速道路で「あおり運転」をきっかけに起きた死亡事故を受けて、昨年3月に初めて実施し、今回で3回目という。

 19日午前10時と午後2時から約1時間、新名神高速道路で、県警航空隊のヘリコプター1機が、上空から危険運転をする車両を見つけ次第、地上で巡回しているパトカー2台に連絡し、取り締まったという。

 この日は道路交通法違反で計6…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら