[PR]

 太ってきたら知らせてくれるパンツや、診察が怖くなくなる白衣――。そんな仕掛けを生み出すユニークな研究組織が昨年、横浜市立大に誕生した。デザインの力でヘルスケアの課題を解決する「広告医学」を具現化していくという。

 横浜市立大の医学部がある福浦キャンパス(横浜市金沢区)の先端医科学研究センター。この一角に昨年10月、「コミュニケーション・デザイン・センター」(YCU―CDC)が本格オープンした。デザインやアートを生かし、自然と健康になる仕掛けを作ったり、ネガティブに捉えられがちな病院のイメージを変える策を生み出したりすることがミッションだ。

 たとえば、「いないいない白衣」。袖口から少しだけのぞく「耳」を持って袖を裏返すと、猫や犬などのワッペンが顔を出す。子どもが抱く「白衣=怖い」というイメージを変え、落ち着いて診療を受けられるようにと考えたものだ。

 市販に向けて準備を進めている「アラートパンツ」は、ウエスト部分がメタボリックシンドロームの基準値である85センチ以上に伸びると色が変わって見える特殊な織り方の下着。普段は深緑色だが、太ってくると黄色に見えてくる。「やせよう」と自然に思わせるのを狙った製品だ。

 長くて退屈な病院での時間を変える、待合室でのプロジェクトも。視力トレーニングになる画像を椅子に貼ったり、アーティストが作成した映像作品をロビーの壁や天井に投影したり。

 こうした「広告医学」という考え方を提唱したのは、同大教授の武部貴則さん(32)だ。小学生のときに父親が脳卒中で倒れたことや、同大医学部に進学後、iPS細胞など治療費が高くなりがちな先端医療の研究を専門にしたことから、重い病気になる前に自然と健康的な行動が取れるよう、広告の手法を採り入れて啓発することを思いついたという。

 同大医学部の助手時代から活動…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら