[PR]

 慰安婦問題について天皇陛下に謝罪を求めた韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長の発言を巡り、韓国外交省は22日夜、文氏を批判した河野太郎外相の発言を「非常に遺憾だ」とするコメントを発表した。

 外交省はコメントで文氏の発言について、「慰安婦の名誉や尊厳、心の傷を癒やすため、真剣な姿勢を見せる必要がある点を強調した趣旨の言及だと日本に説明した」と指摘。「日本の責任ある指導者が、我々の国会議長に対し、自制のない言葉で非難を続けていることは非常に遺憾だ」とした。「政治的に過度に強調することは、韓日関係の未来志向的な発展の助けにならない点を認識すべきだ」とも強調した。

 韓国メディアは、河野氏が文氏について「韓日議員連盟の会長だった人間が」と発言したとして、強く反発する報道を続けていた。(ソウル=牧野愛博)