[PR]

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年夏、入所していた高齢者5人が相次いで死傷した事件で、胸のけがが原因で死亡した中江幸子さん(当時87)の体には、脇腹や胸の付近に複数のあざが、首付近にはひっかいたような傷があったことが、関係者らへの取材でわかった。

 捜査関係者によると、岐阜県警は施設の元職員小鳥(おどり)剛容疑者(33)=名古屋市南区、傷害容疑で逮捕=を、中江さんに対する傷害致死容疑で24日にも再逮捕する方針。県警は、脇腹や首などの傷と、死亡の原因となった暴行の関係についても調べるとみられる。

 中江さんは17年8月12日、胸にけがをした状態で見つかり、翌13日に死亡した。県警が司法解剖した結果、死因は外傷性右血気胸だった。折れた肋骨(ろっこつ)が右の肺に刺さり、穴があいて血がたまっていたという。

 小鳥容疑者は、施設に入所していた別の女性(当時91)に暴行し、肋骨骨折や外傷性血気胸などの重傷を負わせたとして、県警が今月3日に傷害容疑で逮捕した。この女性の胸やのど元にも、複数の内出血や擦り傷があったという。