[PR]

日本エボナイト製品開発課長 斉木昌和さん(42)

 長さ60フィート(約18.3メートル)のレーンの先に並ぶ10本のピンを、直径21.7センチのボールを転がして倒す。ボウリングはシンプルなスポーツだが、そのボールは毎月10種類以上の新商品が発売されるほど多彩だ。ボウリング場備え付けの「ハウスボール」は全て海外製。プロボウラーや愛好家が使う「マイボール」も大半が海外製の中、国内唯一のメーカーとして年間約1万個を生産する「日本エボナイト」(東京)でただ一人、ボール開発を担う。

 頻繁に試合に出るボウラーにとってボールは数カ月で買い替える消耗品。これまで約200種類が商品化され、生産数は計約15万個にのぼる。

 求められるのは「曲がる」性能だ。

 理論上、ストライクを確実に取…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら