[PR]

 22日午後11時40分ごろ、東京都板橋区上板橋2丁目のビルで「煙が出ている」と119番通報があった。東京消防庁によると、住居として使われていた3階部分の内壁約20平方メートルが焼けた。警視庁によると、住人の会社役員馬場宣弘さん(71)と妻の史子(てるこ)さん(83)が救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。板橋署によると、史子さんは車椅子で生活していたとみられるという。ビルは鉄筋コンクリート造りで、地下1階地上3階建て。