[PR]

 法テラス和歌山主催の法教育セミナー「終活のススメⅡ」が23日、和歌山市小松原通1丁目の県民文化会館で開かれた。落語家の林家染二さんらが、高齢者を狙う悪質商法への備えや終活の心構えなどについて話した。

 染二さんは前半、無料点検などと称して住宅を訪れ、高額な契約をさせる「点検商法」の手口を紹介。「このままでは大変なことになる」と不安をあおり、「今だけ特別価格です」と契約を急がせるパターンがあると話し、「たとえ契約書にサインしても、クーリングオフ制度があるので解約は可能。困ったら消費者ホットライン『188番』などに相談を」と呼びかけた。

 後半では、弁護士や司法書士らと、人生の終わりに向けて葬儀や相続、身辺整理などを考える「終活」についてトーク。染二さんは「決して縁起の悪い話ではなく、生きることを前提に、楽しく生きるためにやるのが終活」などと話した。(白木琢歩)