[PR]

 石川県小松市丸の内公園町の小松市立図書館は23日、古今東西の文豪たちの身長を再現する企画展「リアルに感じる! 文豪の身長」で「186センチ」としていた志賀直哉の身長を「170センチ前後」に訂正し、展示を手直しした。

 同館によると、展示を知った志賀の親族という男性から「そんなに高くなかったのでは」と指摘があった。同館は志賀が属した白樺(しらかば)派の作品を公開する「白樺文学館」(千葉県我孫子市)に問い合わせ、170センチ前後と確認したという。小松市立図書館は「間違った情報を伝えてしまい、申し訳ありません。今後は慎重に情報を精査します」とコメントした。(木佐貫将司)