[PR]

 歌手の松任谷由実さんが作曲した石川県の観光誘客動画の挿入歌「ひゃくまんさん小唄」の発表会が23日、石川県野々市市本町5丁目の市文化会館フォルテであった。県の観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」や地元保育園の園児らが歌に合わせて踊りを披露した。

 県は金沢、能登、加賀、白山の観光地や自然の魅力を発信する動画を2015年に制作。「キリコ・朝市・千枚田」「九谷五彩の 派手好み」など歌詞に県の名物が登場する「ひゃくまんさん小唄」を子どもたちにも広めようと、発表会を企画した。

 この日はつばき保育園の園児ら約90人が参加。「ドンツクドン♪」と独特のテンポに合わせて体を揺らした。野々市市の自営業小塚隆さん(62)は孫の悠仁(はるひと)ちゃん(4)らの踊りに目を細め、「ノリがよく、踊りやすい曲だった。元気よくできた。満点!」と笑顔だった。「ひゃくまんさん小唄」が聞ける観光誘客動画は県のホームページなどから視聴できる。(浅沼愛)