[PR]

 街中のトイレが進化を続けている。近年、体と心の性が一致しないトランスジェンダーなどの性的少数者が利用しやすいよう工夫したトイレが出てきた。商業施設では、おしゃれな化粧スペースを設けるなど集客効果を期待する。トイレは時代を映す鏡となっている。

 昨年12月に開業した福岡市の市総合体育館。メインアリーナや観客席のある1~4階の各フロアに「みんなのトイレ」とうたったトイレがある。男女別のどちらのトイレにも入りづらいトランスジェンダーなどの性的少数者にも気兼ねなく入ってもらう工夫だ。「昔なら『多目的トイレ』という名前だったでしょう」と館長の竹野直さんは語る。

 約6千人の学生が通う大分県別府市の立命館アジア太平洋大学でも、車椅子の利用者向けだったトイレに「どなたでもご利用可能です」と日本語と英語で貼り出した。学生の声を反映させた結果だ。大学の調査によると、回答を得た263人のうち54人が自らを性的少数者のLGBTの当事者だと答えた。

 鹿児島市の城山ホテル鹿児島は、館内5カ所の個室トイレで同趣旨の標示を出す。宿泊客の15%が外国人で「性的少数者への対応が世界的に課題だ」(担当者)という。

 TOTOの調査では、トランス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら