[PR]

 糖尿病患者ら糖質制限をしている人に優しいスイーツの販売を高知県南国市の洋菓子店が始めた。売り上げの一部は奨学金に充て、3月末には障害者事業所も製造に加わる予定だ。

 販売しているのは同市岡豊町吉田の洋菓子店「シャン・クレール」。代表の立田俊二さん(65)に、同市の菓子メーカー「スウィーツ」創業者の福永稔さん(66)が声をかけたのが始まりだった。

 2年前の秋、糖尿病を患っていた友人に「低糖質でおいしいものを作ってほしい」と頼まれた福永さん。「お菓子は心の食べ物。心を癒やすものを作ってあげたい」と、市場や材料調査を始めた。

 立田さんは提供された材料で約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら