[PR]

 首里高校(沖縄県那覇市)の敷地内で県立埋蔵文化財センターが進めている2018年度の中城御殿(なかぐすくうどぅん)跡の発掘調査で、1700年代に作製された「首里古地図」にも描かれている屋敷東側の道の跡が確認された。敷地の外壁に当たる石積みも見つかり、昨年度までの調査結果と合わせて屋敷の範囲が推定できるようになった。

 中城御殿は、1621~40年に建てられた琉球王国の次期王位継承者「世子(せいし)」が暮らした邸宅。世子が現在の中城間切(現在の北中城村と中城村付近)を治めたことから中城御殿と呼ばれる。

 確認された道の跡は幅約5メートル。両脇に雨水を流す排水溝があり、道の表面には細かい石灰岩が敷き詰められていた。東側からは道の造成過程がうかがえる壁面が確認できる。

 そのほか本年度の調査では、貝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら